横浜鶴見と未来へ 山田かずまさのブログ

みんなに寄り添う街づくり 横浜市会議員の山田かずまさのブログです。

停まらぬなら『街の魅力で』停めてみせよう中距離電車!!

 こんにちは。

 山田かずまさです。

 鶴見区民の悲願は?と聞かれた時に真っ先にあがるのは、「中距離電車の鶴見への停車」です。子供の頃から、鶴見の子供は、その看板を見て育ちます。

 私の子供の頃から、鶴見駅中距離電車停車等推進期成会を初めとする諸先輩方が、血の滲むような努力を重ねられ、少しずつですが「前進」しています。横浜市の予算に調査費がつき、平成25年から平成26年の調査で新ホーム設置は物理的に可能であるとの結論を得ました。これを踏まえて、本年開業予定の相鉄・JR直通線の鶴見駅停車の可能性も探られています。

 しかし、この世知辛い世の中で先立つものはやはり「お金」。

 200億円以上が見込まれる工事費の大半について、JR東日本は負担する意向がなく、いわゆる「請願駅」(地元の要望で設置される駅)として、横浜市が負担しなければならない模様です。

 横浜市は今後もJRと協議していくとしていますが、平成30年に策定された横浜市都市計画マスタープラン(鶴見区)では、3か所ほど軽く触れられているばかり。

 やっぱり、鶴見区民の熱意と、横浜市の本気度の間には、まだまだ差があるのかな?と思ってしまいます。

 しかし、同じ請願駅として実現した「武蔵小杉」への横須賀線停車による街の爆発的な発展・ブランドイメージの向上を目の当たりにした今、私たちの街を未来につなげていくために、あきらめるわけには行きません!

 仲間だと思っていた(笑)武蔵小杉にできて、鶴見にできないわけがない!

 今後も横浜市・JRへのアプローチを続けていくとともに、街の魅力のアップを図り『「停めてください」じゃなくて、街の魅力で「停める」んだよ!』という気概で臨みたいと思います。

 この街は、まだまだできる。どんどんやれる。

 一緒に横浜鶴見の未来を考えましょう。