横浜鶴見と未来へ 山田かずまさのブログ

みんなに寄り添う街づくり 横浜市会議員の山田かずまさのブログです。

「鶴見」と「大学」を、WIN×WINな幸せな関係に!

こんにちは。

山田かずまさです。

 さて、横浜鶴見にキャンパスを置いている大学がいくつあるかご存知でしょうか。

 横浜鶴見には、鶴見大学横浜商科大学横浜市立大学(鶴見キャンパス)と3つの大学がキャンパスを置いています。

 大学は、専門性を極めた教授陣を初めとする『知の宝庫』。若者を中心とする学生さんが集まること自体、大きな活気が生まれまる、横浜鶴見の大切な財産です。

 横浜市は、横浜を魅力や活力にあふれる学術都市に発展させようと、予算をつけ、調査・取り組みを開始しようとしています。その流れの中に、横浜鶴見が乗らない手はありません。

 現在でも、横浜商科大学鶴見区と連携し、講義やワークショップを通じて鶴見の魅了を伝える担い手を養成する「鶴見コンシュルジュ養成講座」を実施、あるいは、鶴見大学が「生涯学習セミナー」「つるみ提携カレッジ」を主催するなど、各大学が様々な取り組みを行っています。

 また、生麦の次回「まちゼミ」に、横浜商科大の学生さんも参加されるそうです。

 ただ、「街」と「大学」はもっともっと近づける。もっと、親密な街づくりのパートナーになれるし、ならなければならないと思っています。

 このブログでも繰り返し書いているように、鶴見の自然や、産業、歴史はとてもユニークで、「大学」も新たな発見の場、学生にとっても今後のキャリアを考える重要な場になるはずです。そして、大学と地域が交流・連携する中で、各大学の個性と鶴見の個性を融合させた、「鶴見ブランド」が様々な場面で生まれる可能性があります。

 さらに「鶴見ブランド」が街と大学の知名度を向上させ、各大学への進学希望者の増加等、好循環が生まれることが期待されます。

 まだまだ形になっていない『イメージ』にすぎませんが、横浜鶴見と大学とが、一体になって「WIN WIN」!の関係を目指すこと。この街の一つの可能性として追及していきたいと思っています。

 この街は、まだまだできる、どんどんやれる。

 一緒に鶴見の未来を考えましょう。